ベネシュの健康美脚メソッド

足をメンテナンス

足の骨格・足裏アーチ・関節・筋肉の状態をチェック!独自の足管理施術法で足のメンテナンスを行います。また、自分でできる運動療法も指導します。
(初回無料!結果を体感してください)

毎日正しい靴を履く

足裏アーチをサポートし、カラダの重心を安定させる機能性靴を常に履いて歩くと、徐々に足の形状が理想的な形へと変化していきます。外反母趾でも履ける靴を取り揃えております。

毎日正しく歩く

足の不具合は間違った歩行習慣に由来している事が多いため、私たちはカカトから着地しふくらはぎを使い親指で蹴る、3ステップ歩行を指導しています。歩行習慣改善プログラムも実施中!

あなたの歩行習慣を今すぐチェック

歩行習慣による症状や可能性のある病状が確認できます。

ガニ股で歩いている。

股関節が開いてしまっています。正しい歩行が出来ないので腰の筋肉が弱り腰痛の原因になります。

腰痛・糖尿病・脳卒中・消化器系の機能低下に注意。

内股で歩いている。

日本人に多く、靴の内側の減りが早いのも特徴です。骨盤が歪み開く為、血行不良で下半身が冷え太くなります。

偏平足・膝/股関節の変形・座骨神経痛に注意。

モデルのように歩いている。

見た目はキレイにクロスしながら歩いていますが脚の内側にある筋肉を常に緊張させている為、歩くたび全身のバランスが崩れます。

足首・膝・股関節の変形に注意。

ほうきを掃くように歩いている。

足をズリながら歩くので靴底の減りが早く、正しい歩行ができていないので老廃物や水が溜まりやすく、冷えやむくみが出やすいです。

座骨神経痛・脳卒中・消化器系の機能低下に注意。

下を向いて歩いている。

下を向いて首が前に出て猫背になっているので常に首や呼吸器系に負担をかけながら歩いています。

頸椎・腰椎ヘルニア・呼吸器系に注意。

ちょこちょこ小股で歩いている。

歩幅が狭くつま先で歩いています。歩幅が小さくなると基礎代謝が低下しやすくなります。

消火器障害・心理不安・パーキンソン病などに注意。

あひるのように歩いている。

左右に上半身を揺らして歩いているので全ての関節がずれてしまい筋肉が凝ったり神経痛がおこりやすくなります。

関節痛・持久力低下・消化器機能低下に注意。

カエルのように歩いている。

カエルのようにお腹をつき出して歩いていると腰に負担がかかります。(妊婦の方も該当します)

腰椎ヘルニア・股関節痛・消化器系の機能低下に注意。

歩き方が悪いとなぜ不調の原因になるの?

足や歩き方が悪い方は無意識に膝・腰・肩・首を曲げてバランスを取っています。

曲げてストレスのかかった部位に凝りや痛みといった自覚症状がでるのです。

(内臓系も歪むので不調の原因となります)

根本原因は足の歪みなので、マッサージや薬の一時的な対応では解決できません。

店舗案内

■店舗名
癒し庵 めぐみ
■住所
早良区西新5-6-2

■電話番号 092-845-7988

足つぼなら福岡の癒し庵めぐみ

> 詳しい店舗情報はこちら

ページトップへ